バカが頭を良くする方法とは

 

このサイトを閲覧している方の大半は良かれ悪かれ「自分は頭が悪い」「なんで自分はバカなんだ」あるいは「頭がよくなりたい」と言った悩みや問題を抱えている方や「どうやったらバカが頭を良くできるのか?」とゆう自分ではない客観的な悩みや問題解決の方法を探している方々ではないでしょうか?

しかし、バカの全てが問題ではありません。

なぜなら、アインシュタインは小学生のころは全く勉強ができませんでした。

アインシュタインは誰もが認める世界的な天才ですよね!?

あれほどの天才がなぜ、小学生レベルの勉強すらまともにできなかったのでしょうか?

そして、エジソンも言っています。

「天才とは1%の閃きと99%の努力」だと!

他にも世界的な天才と言われる成功者を列挙したらキリがありませんが、自分をバカだと感じているなら、「有ることに気が付いていないだけ」かもしれません。

 

バカと呼ばれている人々は非常に奥が深い

 

一言にバカと言っても様々なタイプが存在する訳です。ここでは皆さんが一番気にしやすい一般社会的価値観に基づいてバカと罵られている典型的なパターンを以下に列挙してみます。

 

ADHDを知ってますか?
注意して頂きたいのは以下の症状には先天性の疾患(ADHD)や遺伝的な疾患もあるので先に説明しておきます。なぜなら、社会的にそれほど認知されていないので以下の症状をADHDだと周囲の人々や自分自身でも気が付いていない可能性があるのでそのことを記します。なお、ADHDなどの先天性疾患の治療に関しての情報はこのサイトでは省略させていただきます。

 

「バカリスト」それではいきます!

 

バカリスト
  1. 勉強ができない
  2. 仕事ができない
  3. 同じことを何度も聞いてくる
  4. 言われたことができない
  5. 簡単な作業ができない
  6. 同じ間違いを何度となくして、改善しようとしない
  7. いつも、指定された期限に間に合わない
  8. 人の話を聞かない
  9. 他人の気持ちを理解しようとしない
  10. 手際が悪い
  11. 他力本願
  12. 覚えられないのにメモを取らない
  13. 問題が発生すると他のせいにする
  14. 自分は天才だと思っている
  15. 常に金が無い
  16. 自己中心的な言動や行動をする
  17. 視野が狭い
  18. 一般社会常識がない
  19. 物事を知らない
  20. 物事を短絡的に考えている(本質を見よとしない)
  21. 努力をしない
  22. すぐ諦める
  23. 考えない
  24. 挑戦しない
  25. 失敗を恐れて何もしない
  26. 社会的価値観でしか人や物事を見ていない
  27. 口だけ
  28. 話しの内容が他人の悪口でしか注目を集めることができない
  29. 話しがつまらない
  30. 話をしてもかみ合わない
  31. バカの一つ覚え
  32. バカと天才は紙一重

上記に挙げた「バカリスト」ですが、かなりポピュラーなものですね。当てはまる方も多いと思います。このサイトの作成と管理をしている私でさえ皮肉にも何か所が当てはまりました。

 

それでは「バカと呼ばれている人々は非常に奥が深い」とゆうこのお題に入りたいと思います。

先に結論からゆうと、、、

 

  • バカは改善できる!
  • 頭は良くなる!
  • 全ては自分次第!

 

 「なぜ自分はバカなのか」「バカと罵られている」そう思ったらまず知らなくてはならないこと、気がつかなければならないことがあります!

 

ここから記していくことは非常に重要な内容なのでよく考えてみて下さい

人間は自分が育ってきた環境によって人生の大半の生き方や進路、職業、所得などが決まってしまう事実を受け止める必要があります。それは貴方が悪いわけではありませんし、ご両親や親戚が悪いわけでもありません。

ご両親の学歴や職業を見てみると分かります。そして、周りの友人を見回してみると見えてきます。

「蛙の子は蛙」とゆう言葉を聞いたことはあるでしょうか?要はカエルから生まれた子はカエルにしかならないとゆうことです。

そんなの当たり前でしょ!と思いますが、この真理は自分自身が物語っているのです。

ご両親が高卒であれば子供も高卒あるいは短大か専門学校が最終学歴で、ご両親が大卒であれば子供も大卒になる可能性が高い、同じくお父さんが医者であれば子供も医者になる可能性が高いですし、わかりやすいのが政治家ですね、父が政治家なら子供も政治家として活動している人達は多いでしょう。

そして、あたなは紛れもないお父さんとお母さんの分身でありご両親の進化した人間であるとゆうことです。

残念なお話ですと、ご両親に犯罪で前科があると子供も犯罪を起こしやすいとゆう統計があり、ご両親がお金で苦労してきたなら、子供も苦労するでしょう、自分の性格を客観的に見て「性格が悪い」と感じたならご両親も性格が悪い可能性がありますが、例外もあって両親の性格と自分の性格が真逆の場合はご両親は努力して改善した可能性があります。

これらの現実を見ると、遺伝とゆう言葉が出てきます。

この地球上に存在する全ての生命体にはDNAとゆう設計図を有しています。「種の保存の法則」が機能して親より優れた子孫を残していかなければなりません。従って親子の性格や得意なこと苦手なこと、身体の特性などが似てしまうのは不変の法則なのです。

それから、環境も重要になってきます。

例えば、アカデミックな環境で生まれ育ったのであれば必然的にそのような教育を受け、そのような人生を歩んで行き、それに伴った人々と行動を共にすることになるでしょう。

それとは真逆に、生まれ育った環境が学の無い人々に育てられたり、非行や犯罪が当たり前の日常で成長したのであればそれ相応の生き方を送り、そのような人々と行動を共にすることは理にかなっています。

ですが、何も分からない赤ん坊が生まれてから直ぐに環境を変更することは不可能ですし、ましてや、自分の頭脳で考えて生まれる環境を選ぶことも物理的に困難と言えます。

では、どうしたら「バカから脱出できるのか」「頭が良くなるのか」この疑問がでてきます。

自分を変える3原則

自分を変える方法は主に「環境」「習慣」「マインド」と言われています。これらを一つづつ詳しく説明します。

環境

環境は字のごとく今自分が住んでいる場所や付き合っている人々などがそれにあたります。例えば、住んでいるところが汚れていたり、臭かったり、うるさかったり、危険だったりすればその住んでいる環境を変える必要がありますし、いつも一緒にいる人々や隣人が面倒くさい場合や常に否定的な言動や悪口、犯罪などに手を染めていればそこから距離を置く必要がでてきます。

それとは逆に清潔な場所で異臭も無く、騒音も無く、治安も良く快適な生活ができて、常に熱意を持ち、目標を持ち、何かに向かって情熱的に生きている人々の近くにいれば必然的に自分もそのような人間になっていきます。なぜならそれが当たり前になるからです。これらを変えることは誰でもない自分であり難しくはありません。

 

習慣

習慣は日々自分がとっている行動や言動がそれにあたります。習慣を変えていくには忍耐力や精神力を使い頭脳も使います。自問自答していく必要があります。「なぜこれをやっているのか?」「この作業は必要なのか?」「これを毎日やり続けたらどうなるのだろうか?」考えて行けば分からないことが沢山でてきます。そして、それを調べなければなりませんしパワーを使うことになります。精神的にも疲れるでしょうしストレスも少なからず貯まるでしょう。では、自分が求めている結果はなんなのでしょうか?何をどうしたいのでしょうか?それを達成する為には何が必要なのでしょうか?今の自分を作っているのは今までの自分がとってきた習慣そのものなのです。今の人生の集大成だとゆうことです。今からでも遅くはありません。習慣を見直してみましょう。

 

マインド

マインドは日々、自分が何を考えて生きているか、どういった価値観を持って生きているかとゆうことです。「環境」「習慣」「マインド」の3項目のなかで「マインド」が一番重要だと言ってもいいでしょう。なぜなら、マインドは全ての原動力になるからです。環境を変える原動力にもなるし、習慣を変える原動力にもなる、そして、すべての事柄に対する考え方や価値観を変えるのもマインドになります。マインドを上手に変えられれば一番効率の良い方法を探しだすことができ、なおかつ無理に努力したり、忍耐力を使ったりすることがなくなるので、ストレスがかなり軽減されるのです。なので核となる「マインド」を鍛える必要があります。

 

少し、本題のから外れてしまったように感じるでしょうが「バカが頭を良くする方法とは」とゆう悩みの解決は本質を見ないことには解決できないとゆうことにたどり着きます。

その「本質」が自分の歴史です。だれから生まれて、だれに育てられて、どうゆう教育を受けてきたか、何を聞いて見てそだったか、それらを分かってないのにバカは改善できないわけです。

それがわかって、自分を落ち着いて客観視してみた時に自分のどこが劣っているのか、どこを強くしたいのか、それには何が必要なのかが見えてきます。

バカと天才は紙一重

この言葉はあまりにも有名すぎますよね!

そして、自分はバカだと感じている人には嬉しくもある言葉です。上記の「バカリスト」の一番最後にも載っています。

そして、「バカと呼ばれている人々は非常に奥が深い」とはこの言葉があってのことかもしれません。

バカと呼ばれる人は集団生活や会社の中では煙たがられますよね、なぜなら周りの人々と同じことができなかったり、足を引っ張ったりするからです。

しかし、例外もあってバカと呼ばれる人にある仕事を全て任せきりにすると思いもしない素晴らしい成果を出す人もいるのが事実です。※全ての人ではないですが、、、

ビジネス、芸術、研究、スポーツなど、、、

適材適所とゆう言葉があるように人間には必ず向き不向きがあります。

全てをパーフェクトにできる人は私が調査したところ実在しますが、やはり努力する量が超人的です。

例えば普通の人が一日3時間勉強するところを10時間勉強したり、楽器の練習、サッカーや野球などの天才と呼ばれている人々も同じように有り得ない練習量をこなしています。

これらを見た時に自分には無理だと感じるかもしれませんがそんなことはありません。

先程も挙げましたが、「適材適所」「向き不向き」「好きに勝るものはない」それから「自分を変える3原則」を活用すれば可能なのです。

上手に努力できている時はそれほど苦痛には感じないのです。「大好きだから」「とにかくコレをやりたい」「ゲームするなら飲まず食わず寝ないでずっと出来る」これらは「バカと天才は紙一重」になるのではないでしょうか!?

効率が良くなればバカは天才になる

バカは基本的に非効率です。

無知な人が多く、学がないのですが「バカの一つ覚え」とゆうようにずば抜けて何かしらが出来たりします。

要は「手際が悪すぎる」のです。

だから、才能あるジャンルがあっても成功させる為の術を知らないからモノにできないのです。

しかし、効率的に出来る方法を学んで「智恵」を得てマインドを変えられれば天才になるのです。

相互リンク集

相互リンク集

SEO対策相互リンク集

雑学事典